Jul 2010 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »

不思議体験

近所のヤマデンのレジ。支払いをしていると、後ろについていた

60代のおばさまが、大きめの声でしゃべり出した。

「ポイントカード忘れてきてな、このポイントをな・・・」

とここまででは、独り言かと思った。

「あんたにあげるから、つけてもらっとき」

と聞いて、俺にしゃべっているのだと気づく。

振り向くと、笑顔で

「カード忘れてきたんよ、ほなけどもったいないけんな。あんたにあげる。」

俺はとっさに

「いや、ああ・・・大丈夫です、ハハハ・・・」

と返したが、強引に勧めてくる。レジのおねえさんは無視を決め込んでいて、

俺は笑うしかなく、「ありがとうございました」と妙な礼をいい逃げるように出て行った。

その足でローソンへ。

昼前だったけど、あんまり混んでなくサンドイッチとヨーグルトを手にレジへ。

60代のおばさま(さっきの人とは違うおとなしい感じの印象)が、俺の前で待っていた。

そのおばさまも、しゃべり出す。

「お先にどうぞ・・・あたし急いでませんから」

とほほえみかけてくる。同時に、後ろに2,3歩下がったものだから

「あ、ありがとうございます。すいません・・・」と俺。

お待ちの方、こちらへどうぞ。と奥のレジのおにいさんが、おばさまを誘導。

支払いが終わっても、なんかそのおばさまの視線を感じたもんだから、

そっちの方を向いて、会釈してそそくさと店を出た。

 

たった15分ぐらいの間に、続けざまに同世代の二人の

おばさまから好意をいただいた。その、なんとも不思議な感じは伝えにくい。

好意を受けるか否かの線引きは、どこなのか?

おばさまが声をかけたくなった今日の俺は、どんな俺?

俺は、そんなに急いでいたり、ポイントが欲しそうに見えるのか?

隠しカメラがあったら、その映像を見てみたい。

 

謎だ。

 

 

Trackbacks (0)

TrackBack URL
http://cw-niiz.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/106